野球好きとして言っておきたい

公開日: : 未分類

日本ハムに入団が確定(?)となった花巻東高校の大谷君について野球好きの親父から少し意見を。

 

正直自分が18歳の時に、こういう状況になった時に自分にとってどちらが良い選択かということを踏まえ決断出来たかというと疑問符がつきます。

18歳の時に、きちんと将来を見据えて行動していたら、今の私はないでしょう。

一方で、きちんと将来を見据えた行動をしていなかったから、今の私があるのかもしれません。

そういうふうに考えると、どちらがいいというのは、振りかえる時にどちらの気持ちで振り返るかで違ってくるんでしょうね。

今、自分自身について、私は不満もありますが、満足している部分も当然あります。

違う道を選んでいても、きっと同じように感じるかもしれませんね。

 

素直な気持ち

私の話は、置いておいて本題に戻ります。

まず、素直な気持ちを持った意見から。

日ハムというチームを選んだ上で日本プロ野球で実績を残すと決めたことを、野球ファンからすれば、少なくとも私は良かったのではないかと思います。

というのも、日ハムにはかつてダルビッシュがいました。そのダルビッシュもやんちゃをしましたが球界を背負ってたつほどに成長しました。そして、ポスティングでメジャーに行きました。チームとしてその実績があります。

さらに、報道では二刀流というキーワードが出ています。日ハムには中田翔がいます。中田翔も野手か投手のどちらを選ぶのかと注目された逸材です。中田翔は野手を選んで今のところきちんとした成長曲線上で活躍しています。

野手を選んでもきちんと成長させてくれる環境、投手を選んでも実績を残せばメジャー挑戦容認の土台がしっかりしている球団であることは大谷君にとって選択肢を減らすことのない決断だったのではないでしょうか?

 

裏読みすると

どこでも言われていることですが、メジャー挑戦する旨の記者会見をしておきながらの翻意という点が若干がっかりです。

なにか特別な力が働いていたとすればこれは大問題ですし、働いていないなら何のための会見だったのか不本意です。

何を目指し何を伝えるための会見だったのか、会見を開こうとしたのは18歳の意志なのかそうじゃないのか・・・

おそらくこの部分については、明るみに出ることはないでしょう。明るみに出ないからこそ面白いという意見もありますが。

二刀流なのか投手一本なのか野手で生きるのかさえ決めれない18歳が日本かアメリカかという二択を決めれるとも思えないので、何かしらの力が働いていたのかなという気さえしてきます。

私個人の意見なのであえて選手名は書きませんが、近年そういったスキャンダル染みたことを報道された選手は、ドラフト順位が期待の現れだとしたら、そのとおり働いていないように見えることが残念です。

 

いずれにせよ

冒頭にも書きましたが、この選択が本人にとってよかったのかどうかは、振り返った時にどういう立場にいるかによると思います。

これから5年、10年後大谷くんがどういう結果を残したかによって世間の見方も違うでしょう。

そしてそういう注目される立場になったことを自覚し結果を追うことになるでしょう。

ついこの間まで、日ハムの先輩が楽天のエースと比較されるようにマスコミはそういうものだということも忘れてはいけません。

阪神に入団することを決めた浪速のダルビッシュとしばらくはライバル視されることになります。

いろんな雑音に惑わされることなく、岩手を筆頭に東北の人々、特に野球と酒が好きなみちのく親父共に夢と希望を与え続けて欲しいと思います。

頑張れ!みちのくのダルビッシュ!

 

ad

関連記事

no image

楽天開幕3連勝。

プロ野球が開幕しました。 贔屓球団の楽天が3連勝というこれ以上な...

記事を読む

no image

ペナントレース予想の採点

日本シリーズも終わり、あっという間に今年のプロ野球が終わってしまいまし...

記事を読む

no image

2月に入ったことだしペナントレースの予想でもしてみようと思います

2月になりましたね。 2月になると少しだけ、うきうきします。 それ...

記事を読む

no image

今日気になったプロ野球に関するニュース

日本シリーズも終わって、プロ野球がにぎわっていますね。 今年も何人か...

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑