WBCで日本は三連覇できるのか?

公開日: : 未分類 ,

2月23日、24日にオーストラリア代表との壮行試合が行われました。

23日の一戦目は、劇的な逆転勝ち、24日の二戦目は、初回から日本の綺麗な攻撃が決まり快勝でした。

さて、2試合を見た感想を、ちらっと書いてみたいと思います。

 

今更だけどメンバーについて

最終メンバー28選手が発表されて時間がたちますが、気になるのはセ・パの昨年の盗塁王が両方外れたのは残念です。

確かに北京オリンピックでの悪夢があるので経験済みのポジションがっていう気持ちはあるのでしょうが、足を絡めたい場面、阿部などが出塁した時の代走が薄い気がします。

 

一試合目の結果から

マー君が本番までにどこまで本調子に近づけるかが一点目。インタビューなどを聞いていると日本のエースとしての自覚に心配無さそうなので本番までにきっちり仕上げてきてくれると願っています。ただ、どこか故障気味なら、隠さず公開して欲しいと思います。

次に、攻撃。点が取れないときにどう攻めるかが心配になりました。盗塁できる代走が少ない。このことが後々響かなければいいのですが。

 

二試合目結果から

カズオズバーン。これに尽きますね。

オーストラリアの先発の立ち上がりをきちんと攻めれたことが勝因だと思います。立ち上がり点をとれる可能性を高めたのが、松井稼頭央の送りバント。きっちり決めてくれました。その後もタイムリーヒットを重ね、カズオズバーン。

阿部がグラウンド全員を仕切ってくれるでしょうが、経験と実績からこの男が二遊間のどちらかにいることで内野陣を仕切ってくれ、阿部の負担軽減にもつながるのではないでしょうか。

 

結局

二試合を見て、正直三連覇は厳しいのでないかという印象を持ってしまいました。

贔屓の選手が選ばれなかったり、見たい選手が辞退して若干世間的にもモチベーション今ひとつかなという感じも受けますが、選ばれた28人と監督コーチ陣皆さんが優勝を目指すというのなら、ファンである私たちはきっちり応援したいと思います。

頑張れ、侍ジャパン。

 

補足

どこの国も、WBCにもっと本気になってほしいものです。

やっぱりサッカーのワールドカップの様な盛り上がりに成長することをどうしても期待してしまいます。

色々な問題はあるでしょうが、関係者にもっと力を注いでほしいものです。

 

補足2

次回WBCが行われるかは知りませんが、4連覇目指すためにも実績は無いかもしれませんが才能あふれる選手も同行してほしいなと思いました。28人枠に入れなくても、観戦でも裏方の役割でもいいと思います。そういう若手が「WBC日本代表に選ばれたい」と本気で思い、マスコミでそういうことを発言し続けることで、日本での価値が高まるのではないでしょうか。

 

 

ad

関連記事

no image

楽天開幕3連勝。

プロ野球が開幕しました。 贔屓球団の楽天が3連勝というこれ以上な...

記事を読む

no image

ペナントレース予想の採点

日本シリーズも終わり、あっという間に今年のプロ野球が終わってしまいまし...

記事を読む

no image

2012年沢村賞はソフトバンク摂津投手

2012年の沢村賞はソフトバンクの摂津投手に決まったようです。 秋田...

記事を読む

no image

野球好きとして言っておきたい

日本ハムに入団が確定(?)となった花巻東高校の大谷君について野球好きの...

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑