ロリポップでEC-CUBEのページ詳細設定にはまる。

公開日: : 未分類 , ,

レンタルサーバーで人気のロリポップ!を借りて、EC-CUBEの勉強をしています。

先日、そこでドハマリしたので記事にしてみたいと思います。

 

ハマったのは、EC-CUBEの管理画面から

  • デザイン管理 > PC > ページ詳細設定

で設定変更をしようとしたところ、どうしても403のエラー画面に飛んでしまいました。

403

この「403 ERROR FORBIDDEN」の画像はあまりにも有名ですね。

 

403エラーなので、てっきりディレクトリやファイルのパーミッション周りだと思ったら違いました。

なんだろうかと悩みましたが、そして調査してみると、ロリポップが提供しているWAFが有効になっているからということがわかりました。

ロリポップのユーザー専用ページにログインして、

  • WEBツール > WAF設定

の画面で、向こうにします。設定変更反映には5分~10分かかりました。10分後ためしてみると、当初やりたかったページ詳細設定変更が無事出来ました。

めでたし、めでたし。

 

この件、ロリポップのよくある質問にも書かれているんですね。

20130424-102832_mini-1

参考URL:http://lolipop.jp/support/faq/cgi/000681/

 

それで、WAFってなんなんでしょうか?

調べてみると

プログラムに渡される入力内容などを直接に検査することによって、不正と見なされたアクセス要求を遮断するという仕組み

引用: IT用語辞典バイナリ

とのことです。正直ちんぷんかんぷんです。

 

確かにEC-CUBEの管理画面でページ詳細設定変更しようとした際に、あまりにもサイズの大きいファイルに仕立て上げようとするのを防ぐことは必要ですね。

こういったことは、アプリケーション作成側も設計段階で想定できる範疇かもしれません。

 

ITの世界は奥が深い。まだまだ勉強不足だなぁ、と感じた一件でした。

本記事は、WAFをデフォルトで有効にしているロリポップとEC-CUBEの相性が悪いと言うことではありません。誤解をうみたくないので、このことははっきりと、明記させて頂きます。

ad

関連記事

no image

LPICレベル1合格を目指して その11

LPICレベル1の合格を目指して勉強をするコーナーです。その11になり...

記事を読む

Bootstrapってなんなの?状態の初心者がBootstrapについて勉強してみる その2

Bootstrapってなんなの?状態の初心者がBootstrapについ...

記事を読む

no image

Chromebookがついに日本上陸って、マジなの?

久しぶりに気になる記事が有りました。 Chromebookがついに日...

記事を読む

大容量なレンタルサーバーをお探しならヘテムルがいい!

ヘテムルというレンタルサーバーをご存知でしょうか? 使える...

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑