LPICレベル1合格を目指して その6

公開日: : 未分類 , , , , , , , ,

LPICレベル1を勉強するコーナーです。

今日で6回目です。

第1回から、第5回まではこちら。

 

今日もいつもどおり、Linux標準教科書(Ver2.0.0)を使って勉強します。

前回までで、2章までおわりましたので、今日から3章に入っていきます。3章は、基本的なコマンドを学んでいきます。

その中でも今日は、ファイル操作ということで、

  • ls
  • cp
  • mv
  • rm

について学んでいきます。

 

ファイルとディレクトリ

コマンドを学ぶ前に、ファイルとディレクトリについておさらいします。

ファイルとは、データをコンピュータ上に保存しておく方法です。

ファイルの数が増えた時に、それらを用途や目的別にまとめて置くことができるのがディレクトリです。

ディレクトリの中に、ディレクトリをつくつことも可能です。

 

では、これらを操作する基本的なコマンドを見て行きましょう。

 

ファイルやディレクトリを参照する・・・ls

lsコマンドは、Listの「L」と「S」を意味したコマンです。

このコマンドは、ファイルの一覧を取得します。

また、ファイル名やディレクトリ名を指定して情報を取得することもできます。ディレクトリ名を指定した場合は、そのディレクトリ内部のファイル及びディレクトリの情報を取得できます。

書式

ls [オプション] [ファイル]

オプション

-a
.で始まる隠しファイル等もすべて(All)出力します。
-l
長(Long)形式で出力します。
-t
最終更新時間(Time)によって、ソートをして出力します。
-r
逆順(Reverse)にソートをして出力します。

 

ワイルドカード

lsコマンドのファイル名の部分にワイルドカードを指定することができます。

ワイルドカードには、2種類あります。

*
任意の文字列を意味する。つまり、文字数は問わない。
?
何らかの一文字を意味する

 

lsコマンドを実行した結果の紹介は割愛します。

 

ファイルのコピー・・・cp

ファイルをコピーするには、cpコマンドを追加います。cpは、Copyの「C」と「P」 を意味しています。

書式

cp [オプション] コピー元 コピー先

 

オプション

-i
誤って上書きコピーすることを防ぐために確認メッセージを表示します。
-r
ディレクトリの中にある全てのファイル・ディレクトリに対してコピーを行います。
-p
ファイルには所有者・属性・更新日時など、ファイルに関するさまざまな情報を保持したままコピーを作成します。

 

cpコマンドを実行した結果の紹介は割愛します。

 

ファイルの移動・・・mv

ファイルを移動するときに使うのは、mvコマンドです。mvは、moveの「M」と「V」から成ります。

書式

mv [オプション] 移動元ファイル 移動先ファイル

 

オプション

-i
誤って上書きコピーすることを防ぐために確認メッセージを表示します。
-f
強制的に処理を実行します。一部の処理では、mvコマンドが確認の問い合わせをします。その確認を無視し、強制的に処理を実行するためのオプションです。

 

mvコマンドにはちょっと覚えておきたいことがります。

mvコマンドは、実はファイル名の変更をする際にも使います。

mv a.txt b.txt

を実行した場合、a.txtは、b.txtに変更されます。

しかし、ディレクトリ名の変更の際は注意が必要です。

mv dir_a dir_b

を実行した場合、

dir_bが存在しない時、dir_aは、dir_bになります。

dir_bが存在するとき、dir_aは、dir_bの中に移動します。

これ、私はいつも間違えます。皆さんは注意しましょう。

 

 ファイルの削除・・・rm

rmコマンドは、ファイルを削除するときに使います。removeの「R」と「M」から成ります。

書式

rm [オプション] 削除するファイル

 

オプション

-i
対象ファイルを本当に削除してよいか、確認のための問い合わせをします
-f
強制的に処理を実行します。
-r
ディレクトリを対象にします。ディレクトリの中のファイルやディレクトリも削除します

繰り返しますが、rmコマンドはファイルを削除するコマンドです。

Linuxを含むUNIX系OSでは、一度削除したファイルは復活させることができないと覚えておいたほうが良いです。Windowsに慣れているかたは、ゴミ箱に入ることをイメージされ、大変危険です。

/etc配下を削除してしまったことがある

ってことを武勇伝的に語る方を見たりしますが、決してやってはいけませんね。

 

今日は非常に長いエントリーになりました。

今日はここまで。

 

ad

関連記事

やっぱりdビデオ+Chromecastは最高

皆さんこんにちは。 我が家では相変わらずdビデオの人気が止まりません...

記事を読む

no image

覚えておきたいレンタルサーバー「みんなのレンタルサーバー@WAPPY 」

先日、コアサーバーにこのブログを移行したことを伝えました。 よう...

記事を読む

10インチ電子POPモニター『GP10D-WH』、3月に販売開始

皆さんこんにちは。 様々なところでITの技術が使われておりますね...

記事を読む

クラウドPBXサービスFlat-PhoneをAsteriskや他社PBXと連携可能に

こんにちは。 最近、スマートフォンの普及もありクラウドというキー...

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑