LPICレベル1合格を目指して その8

公開日: : 未分類 , ,

LPICレベル1を勉強するコーナーです。

前回は、基本的なコマンドの中で、ディレクトリの操作について学びました。

今回は、ファイルの内容を表示する部分を学びます。

 

これまでのリンクを掲載しておきます。

ファイルの内容を表示・・・cat

ファイルの内容を表示するのには、catコマンドを使います。

書式

cat ファイル名

オプション

-n
行番号も表示

 

catはファイルを読み込み、標準出力してくれるコマンドです。

標準出力するので、ターミナル等で使うと、ファイルの先頭部分を見逃すことがあります。そういったのを防ぐコマンドもあります。そう、Linuxならねw

 

ページャーを使った表示

画面制御を行ってスクロールを途中で止めてくれる機能のことをページングといいます。

それを実現するコマンドをページャといいます。代表的なページャとして、

  • more
  • less

があります。

書式

more ファイル名
less ファイル名

これらのコマンドは、ページャでファイルを開いた後に画面操作のコマンドを受け取ってくれます。

項目内容
スペース次のページに進む
b前の一画面に戻る
f次の一画面に進む
/単語単語を検索します。nキーで検索結果をジャンプします
qページャコマンドを終了します。(quit)
moreコマンドの画面制御コマンド
項目内容
スペース次のページに進む
b前の一画面に戻る
f次の一画面に進む
前の行に進む
次の行に進む
/単語単語を検索します。nキーで検索結果をジャンプします
qページャコマンドを終了(quit)します。
lessコマンドの画面制御コマンド

今日の学習はここまで。

 

ちなみに、catは、concatenateの略です。つまり結合を意味します。

 

ad

関連記事

アイ・サイナップは、IoT専用ネットワーク「SIGFOX(シグフォックス)」に対応したデバイスに事業参入

今日のイチオシDreamNews アイ・サイナップは、IoT...

記事を読む

no image

Gitについて調べたことを書いてみるよ

仕事でGitを使うことになりそうなので、調べてみました。  ...

記事を読む

Zenfone5のセット販売発表キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

今日もzenfone5ネタです。 昨日、いろいろ見ていたらhi-hoが...

記事を読む

no image

《今日の気になった記事》いますぐWindowsを捨ててデスクトップでGNU/Linuxを使う10+の理由

今日の気になった記事は、漢のコンピュータ道さんの、「いますぐWindo...

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑