LPICレベル1合格を目指して その11

公開日: : 未分類 , ,

LPICレベル1の合格を目指して勉強をするコーナーです。その11になります。

前回からおよそ二週間ぶりの更新になります。

こんなんで、いつ受験できるのでしょうか?

のんびりしては要られませんが、焦っても仕方ありません。

自分のペースでやっていきましょう。

 

今日は、Linux標準教科書(Ver2.0.0)の52ページのマニュアルの使い方を学んで行きます。

 

マニュアルの使い方

Linuxには、便利なオンラインマニュアルが含まれています。

次の様に使います。

 

書式

man コマンド

これで、指定したコマンドのマニュアルを閲覧できます。

一方で、
<blockquote>hogehogeがどうこうっていうコマンドがあったようなきがするんだけど</blockquote>
って場面にも遭遇すると思いますが、その時は、

man -k キーワード

とするとヒントが出てきます。

 

では、実際に例を見てみましょう。


$ man pwd

pwd(1) pwd(1)

名前
pwd - 現在のディレクトリ (ワーキングディレクトリ) の名前を表示する

書式
pwd

pwd [--help] [--version]

 

キーワード指定の例です。


$ man -k current
cvs (1) - Concurrent Versions System
cvs (5) - Concurrent Versions System support files
Cwd (3pm) - get pathname of current working directory
dot (1p) - execute commands in the current environment
fegetenv (3p) - get and set current floating-point environment
fegetround (3p) - get and set current rounding direction
feholdexcept (3p) - save current floating-point environment
fesetenv [fegetenv] (3p) - get and set current floating-point environment
fesetround [fegetround] (3p) - get and set current rounding direction
fgetpos (3p) - get current file position information
fsetpos (3p) - set current file position
genhostid (1) - generate and set a hostid for the current host
getcontext (3p) - get and set current user context
get_current_dir_name [getcwd] (3) - Get current working directory
getcwd (3) - Get current working directory
getcwd (3p) - get the pathname of the current working directory
getenforce (8) - get the current mode of SELinux
gethostid (3) - get or set the unique identifier of the current host
gethostid (3p) - get an identifier for the current host
gethostname (3p) - get name of current host
getwd (3p) - get the current working directory pathname (LEGACY)
getwd [getcwd] (3) - Get current working directory
gnome-session-save (1) - Ends the current GNOME session
hostid (1) - print the numeric identifier for the current host
I18N::Collate (3pm) - compare 8-bit scalar data according to the current locale
jobs (1p) - display status of jobs in the current session
llrint (3p) - round to the nearest integer value using current rounding direction
llrintf [llrint] (3p) - round to the nearest integer value using current rounding direction
llrintl [llrint] (3p) - round to the nearest integer value using current rounding direction
lrint (3p) - round to nearest integer value using current rounding direction
lrintf [lrint] (3p) - round to nearest integer value using current rounding direction
lrintl [lrint] (3p) - round to nearest integer value using current rounding direction
MB_CUR_MAX (3) - maximum length of a multibyte character in the current locale
Net::Domain (3pm) - Attempt to evaluate the current host's internet name and domain
ps (1) - report a snapshot of the current processes
pwd (1) - print name of current/working directory
pwdx (1) - report current working directory of a process
rebuild-jar-repository (1) - rebuild a JAR repository based on the current JVM
runlevel (8) - output previous and current runlevel
setcontext [getcontext] (3p) - get and set current user context
sethostid [gethostid] (3) - get or set the unique identifier of the current host
setlocale (3) - set the current locale
showconsolefont (8) - Show the current EGA/VGA console screen font
smbstatus (1) - report on current Samba connections
strcoll (3) - compare two strings using the current locale
telldir (3p) - current location of a named directory stream
telldir (3) - return current location in directory stream
togglesebool (8) - flip the current value of a SELinux boolean
ttyslot (3) - find the slot of the current user's terminal in some file
uname (2) - get name and information about current kernel
uname (3p) - get the name of the current system
unix_chkpwd (8) - Helper binary that verifies the password of the current user
users (1) - print the user names of users currently logged in to the current host
vhangup (2) - virtually hangup the current tty

$

という感じです。

 

manコマンドで表示される項目についてまとめておきます。

  • 説明・・・・このコマンドに関する説明
  • POSIX/GNUオプション・・・利用可能なオプション
  • 関連項目・・・関連している他のコマンドや他の昨日です
  • 注意・・・注意事項やバグの報告先などの情報

 

セクション

先ほど見たpwdコマンドのマニュアルには、「pwd(1)」と最初にかかれています。これは、pwdのマニュアルがセクション1にあるという意味です。

マニュアルのセクションって何?って話ですが、

マニュアルのセクションとは、マニュアルの内容を分野毎に分け、その分野を指定したもの

引用:Linux標準教科書(Ver2.0.0) P.53 3.7.1. セクション

と説明されています。

セクションは次の通り番号分けされています。

項目内容
1ユーザコマンド
2システムコール
3システムライブラリ
4デバイスやデバイスドライバ
5ファイルの形式
6ゲームやデモなど
7その他
8システム管理系のコマンド
9カーネルなどの情報

 

このセクションがどういう意味をしていくかというと、Linux標準教科書(Ver2.0.0)の54ページに細かく書かれています。

興味がある方は読まれたほうがいいと思います。

概要だけ書くと、

man セクション コマンド

という使い方もあるという事です。

 

今日は内容ドッサリになりました。

オンラインマニュアルを参照するのは現場で必要なことですので、しっかり覚えておきたいです。

 

 

ad

関連記事

アイ・サイナップは、IoT専用ネットワーク「SIGFOX(シグフォックス)」に対応したデバイスに事業参入

今日のイチオシDreamNews アイ・サイナップは、IoT...

記事を読む

no image

ロリポップでEC-CUBEのページ詳細設定にはまる。

レンタルサーバーで人気のロリポップ!を借りて、EC-CUBEの勉強をし...

記事を読む

10インチ電子POPモニター『GP10D-WH』、3月に販売開始

皆さんこんにちは。 様々なところでITの技術が使われておりますね...

記事を読む

no image

LPICレベル1合格を目指して その8

LPICレベル1を勉強するコーナーです。 前回は、基本的なコマン...

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑