LPICレベル1合格を目指して その14

公開日: : 未分類 , , , , , ,

LPICレベル1の合格を目指して勉強をするコーナーです。その14になります。
時が経つのは早いもので、その13の記事を書いてから、もう一ヶ月経ってしまいました。

その13の記事では、標準入出力とリダイレクトについて学びました。
今回は、パイプについて学んでいきましょう。

パイプ

パイプは

コマンドとコマンドを「|(パイプ)」でつなげることでパイプの前のコマンドを後ろのコマンドの標準入力とすることができます。

出典:Linux標準教科書(Ver2.0.0) P.62 4.4.パイプ

との事です。
つまり、次のように使います。

ls -l /usr/bin | less

これは、

/usr/binをlsした結果をlessコマンドの標準入力とする

ってことになりますね。
/usr/bin にはコマンドが1000以上あるので、ls -l コマンドを実行するとあっという間に画面が流れてしまいます。それでは探したいコマンドが見つけられないこともあるので、パイプを使っているのですね。

これと、前回のその13の内容と組み合わせ、応用すると、

ls -l xxx /usr/bin 2>&1 | less

ってことも可能です。

短いですが、久しぶりなので今日はここまで。

ad

関連記事

no image

LPICレベル1合格を目指して その1

以前、LPICレベル1取得を目指すということを書きました。 その...

記事を読む

10インチ電子POPモニター『GP10D-WH』、3月に販売開始

皆さんこんにちは。 様々なところでITの技術が使われておりますね...

記事を読む

Bootstrapってなんなの?状態の初心者がBootstrapについて勉強してみる その4

Bootstrapってなんなの?状態の初心者がBootstrapについ...

記事を読む

もう、削除してしまっても慌てない!

皆さんこんにちは。 パソコンを使っていると、誤って大事なファイルを削...

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑