LPICレベル1合格を目指して その15

公開日: : 未分類 , , , , , ,

LPICレベル1合格を目指して勉強をするコーナーです。今日はその15回目です。

気が付くと、その14を書いたのは昨年12月16日。およそ二ヶ月ぶりです。

毎度毎度書きますが、本当にこのペースで勉強して行ったらいつ受験できるのでしょうか?このローペースに自分でも呆れてしまいます。

 

そんなこと言っていても始まらないので、早速やっていきましょう。

前回は、パイプについて学びました。今回はgrepコマンドについて学びます。

 

grepコマンド

grepコマンドはファイルの中からデータを検索します。パイプと併用することで標準入力に対し検索を行うことが出来ます。

書式

grep [オプション] 検索条件 [指定ファイル]

指定ファイル部分は、1ファイルでもOKですし、ワイルドカードを使って複数しても出来ます。

また、検索条件の部分は正規表現を利用できるのもこのコマンドのいいところです。

正規表現は、grepのみならずLinuxで用いられるパターンマッチや、多くのプログラミング言語でも利用されている非情に重要な機能です。

Windowsでもメモ帳ではなく有名なテキストエディタなどでも検索機能で正規表現に対応しているものもありますので、この機会にぜひ覚えておきたいです。

 

正規表現については次回に譲るとして、今日はここまでとしましょう。

 

 

ad

関連記事

no image

LPICレベル1合格を目指して その7

LPICレベル1を勉強するコーナーです。 これまで6回勉強してき...

記事を読む

no image

LPICレベル1合格を目指して その2

さて、LPICレベル1を勉強しましょう。 前回は、LPICレベル...

記事を読む

no image

LPICレベル1合格を目指して その5

さて今日も、LPICレベル1を勉強しましょう。 LPICレベル1...

記事を読む

no image

Chromebookがついに日本上陸って、マジなの?

久しぶりに気になる記事が有りました。 Chromebookがついに日...

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑