“TOSHIBA Media Player by sMedio TrueLink+”でハイレゾに対応

皆さんこんにちは。

最近、ハイレゾという言葉をよく聞くようになりました。

ハイレゾ音源とは、

CDでは再生できない空気感と臨場感を表現する事ができます

引用:ハイレゾとは | 「VICTOR STUDIO HD-Music.」

ということらしいので、簡単に言ってしまうとCDより音質がいいということなんでしょうね。

 

そんな今大注目のハイレゾ音源を、dynabook搭載の動画・静止画・音楽再生アプリ“TOSHIBA Media Player by sMedio TrueLink+”で、ハイレゾ音源の再生、および「e-onkyo music」によるハイレゾ音源配信のおすすめコンテンツの表示・ダウンロード機能に対応したそうです。

 

sMedio、東芝dynabook(TM)搭載の“TOSHIBA Media Player by sMedio TrueLink+”でハイレゾ音源の再生に対応

 

ハイレゾ音源がぐっと身近になるニュースですね。

sMedio、東芝dynabook(TM)搭載の“TOSHIBA Media Player by sMedio TrueLink+”でハイレゾ音源の再生に対応

 

ad

関連記事

寒い夜の馬肉鍋もいいけど、馬刺しもいいよね。

寒いですねー。去年はこんなに寒かったでしょうか? ってことを、毎年言っ...

記事を読む

no image

そろそろ炊飯器を買い換えようかなぁ。

今使っている炊飯器は、結婚した直後くらいに買ったものだから、かれこれ7...

記事を読む

「新価値創造展2015」出展申し込み締め切り迫る

皆さんこんにちは。 昨年、中小企業基盤整備機構が開催し人気だった新価...

記事を読む

日刊SPAにIRIZUKI Capital Holdings,Inc. 代表取締役CEOが掲載されました。

皆さんこんにちは。 みなさんはどういう雑誌を読まれるでしょうか? ...

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑